まかせっきりはダメ!自分で考えよう

書籍を読んでみよう

最近では、家づくりをテーマとした書籍がたくさん書店に並んでいます。
一度、少し大きめの書店に行ってみて、家づくりや建築などのコーナーに足を止めてみてください。
文章が難解なものは避けて、ビジュアルが多いものをまずは手に取ってみましょう。
あなた好みの住宅をつくった人のインタビューなどがあれば、それを熟読!
または、「どんな家がいいかはまだ決まっていないなあ」という方も、「こういう感じがいいな」などを選ぶこともできますよ。
メーカーでお願いするときも、その書籍を持参して、「ここの部分はこうしてほしい」など、ビジュアルを見せることでより具体的にお願いできるようになるので、あなたが気にいったものを一冊ご購入してみてはいかがでしょうか。

説明会もお気軽に

「住宅説明会ってあるけれど、行くのは気恥ずかしいし・・・」なんて思わないでください!
家族で行くと様々なサービスも受けることができますし、お子さんがいるご家庭なら、実際にお子さんも家づくりのお話を聞いたり、家の外観や内装を見ることで「これがいい!」「これがいや!」と具体的に示してくれるので、おすすめですよ。

また、説明会はあなたと同じように「家をつくりたい!」と思っている方が出席しているので、情報交換の場としても使えます。
ここのメーカーはここが良いけれど、高額すぎるとか、あなたが知らなかったメーカーのお話をしてくれることもあるかもしれません。
また、説明をしてくれる方をチェックして、接客状況を把握してみてくださいね。


▲ TOPへ戻る